Recent Posts

材料をイチから用意し、時間をかけて、料理すること自体をゆっくりと楽しむ。それが“スローなレシピ”。下拵えの工程を丁寧にすることで、普段の食材で作る料理が、いつもとは違う味になります。丁寧に、根気よく、...
Read More ...

世界で最もよく知られる白ワインのひとつ、シャブリ。「辛口の白ワイン」だけではない、様々な料理に寄りそう、ピュアで多彩な魅力に触れてみましょう。東京「銀座・器楽亭」浅倉鼓太郎さんが、ワインのプロフェッシ...
Read More ...

レオナルド・ダ・ヴィンチも食したチーズ「モンテボレ」は、熟成のスピードの異なる3サイズのチーズを重ねて作るボルベーラ渓谷の名産。急速な過疎化で消滅の危機にあったこのチーズを、90年代の終わりに救い出した2人の住人がいる。
Read More ...

健康や環境への配慮から、植物性の食材を主体とする“プラントベース”な食事法が注目されています。肉や魚や乳製品に頼らずとも「おいしい」料理を作る知恵は、世界各地に存在します。身近なレシピからおいしくプラ...
Read More ...

料理通信新年プレゼント&アンケート企画 ご協力のお願い 「食べること」に能動的に取り組む人たちのための食メディアとして、より一層役立つ発信をしていくために、アンケートを実施いたします。皆さまの日々の食...
Read More ...

“美食による地域活性モデル”の先駆けとして知られるスペイン北部の都市、サンセバスチャン。美食都市の地位確立の原動力となった料理学会「サンセバスチャン・ガストロノミカ」が今年も11月に開催された。著名シ...
Read More ...

南インド郷土料理研究家のラーケーシュ・ラグナータン(Rakesh Raghunathan)氏が、生まれ育ったタミル・ナードゥ州チェンナイで長く愛されるソウルフードと、その作り手をテーマにしたYouTu...
Read More ...

薪火調理において別格のポジションとも言える高い評価を誇るのが、東京・赤坂のイタリア料理店「ヴァッカロッサ」だ。「健康な赤身の牛肉を焼くための薪火」と目的を明確に見定めて磨き上げた渡邊雅之シェフの技法は...
Read More ...

世界自然保護基金(WWF)によると、スウェーデンで食されている魚の70%は主にノルウェー、デンマーク、中国からの輸入だという。学校給食や老人ホームなどの大きな公共機関では、限られた予算内で必要量を確保...
Read More ...

過敏性腸症候群(IBS)など、慢性的な腸の不調を軽減することが臨床テストで証明されている「低フォドマップ食」。「フォドマップ(FODMAP)」とは、「発酵性の(Fermentable)、オリゴ糖(Ol...
Read More ...

材料をイチから用意し、時間をかけて、料理すること自体をゆっくりと楽しむ。それが“スローなレシピ”。時短とは真逆の価値観の先に、とびきりの味が待っています。今回はイタリアのお母さんが作る家庭料理をベース...
Read More ...

発酵大国、日本。丁寧に時間をかけて微生物と向き合い、日本の伝統食を次代へつなぐ蔵、生産者を訪ねます。写真で巡る発酵の世界。今回は、世界でも「KOJI」として人気が高まる麹造りの室(むろ)へご案内します...
Read More ...